チャートパターン

【FX】ダブルトップ・ダブルボトムとは だましにあわないエントリーポイント

Twitterでは
毎日の相場分析・先出しトレード・リアルタイムでのトレード解説
などやっていますので興味がある方はチェックしてみてください^^

ダブルトップ・ダブルボトムは相場の転換点に非常に多く確認することが出来ます。特性をしっかりと理解して、エントリータイミングを増やせるようにしていきましょう。

動画での解説はこちら

ダブルトップ・ダブルボトムとは

そもそもダブルトップ・ダブルボトムとはなんなのか

そのまんまなんですが二つの山・谷ということです。このチャートでいうと

こんな感じのやつですね

ここに山が二つにあります。

こういう感じで高値にチャレンジしたけど上がりきれずにもしくは多少高値が更新したけれど下がっていく形をダブルトップといいます。

ダブルボトムはこの逆で

ここに谷が二つ

安値をチャレンジしたけれど更新出来ずにまたは多少安値を更新したけれど下げきれずに上がっていっていく形をダブルボトムといいます。

二つの山のような形をつけて下がっていくのがダブルトップ
二つの谷のような形をつけて上がっていくのがダブルボトムになります。

ダブルトップ・ダブルボトムの形

基本的な形は一緒なのですが
山のてっぺんが揃っているダブルトップもあれば

右側が上がっているパターン

右側が下がっているパターンもあります

どれもダブルトップにはなります。むしろてっぺんが全く同じところというダブルトップ・ダブルボトムはなかなか出現しません。

ダブルボトムはこれが逆になり、山の部分が谷になっているところをいいます。

ダブルトップ・ダブルボトムのエントリーポイント

ダブルトップとダブルボトムのエントリーポイントは3つあります。

ネックライン割れでのエントリー

ここがネックラインになりますので

ここで入ります

ダブルトップの山の真ん中の値を割ってきたら入ります。
これが一つ目

ネックラインを割った戻しでエントリー

メリットは一旦抜けを試しているのでだましにあいにくいのですがダブルトップなどの場合は、戻さないでそのまま抜けていく事が多いのでリスクを減らす代わりにそのままいってしまう可能性も多いと考えておきましょう。

高値更新出来ないと判断した段階でのエントリー

個人的にはお勧めのエントリータイミングです。が難易度は他のエントリーより裁量が必要で勝率も落ちます。その代わりの勝てた時はpipsも大きく取れ、損切りも浅く済むことが多いです。

このエントリーは例えばこの右の方が高値を更新したりする場合は使えません。あくまで右の山・谷が更新出来なかった時にエントリーしていく形になります。

デメリットはエントリーが早いので平気で返される点です。

どのエントリーにもメリットデメリットがありますので、自分に合ったエントリータイミングでエントリーしていきましょう。

ダブルトップ・ダブルボトムの損切りライン

エントリーのタイミングはいくつかありますが損切りのラインは一つだけです。

損切りラインは右肩のてっぺんになります。

もしここを抜けてきたら損切りしましょう。

ダブルトップ・ダブルボトムの効果的な使い方

ダブルトップ・ダブルボトムは単体で使っても優位性はそこまでありませんが、使うべきタイミングで出てくれば非常に効果的に使えます。

実際にチャートを見ているとダブルトップやダブルボトムは頻繁に出てきます。そのためダブルトップやダブルボトムが形成されても思った方向にいかないこともよくあります。

ではどんな時にダブルトップやダブルボトムを利用すれば効果的なのか

それは
反発がおこりそうな場面で出るダブルトップ・ダブルボトムに注目です。

例えば前回の高値チャレンジした時に超えられなかったレジスタンスラインに再度近づいてきました。そこでレジスタンスライン付近でダブルトップが起きれば信頼度アップです。

単体だけではなかなかエントリーの根拠にしにくいですが、もう一つ別なエントリー根拠を持ってくるだけで一気に信頼度は上がります。

鉄板レベルのお勧めエントリーポイント

反発ポイントやトレンド転換以外で高勝率なエントリーポイントがあります。

これを覚えるだけでかなり強気にエントリー出来ます。そこまで出現頻度は高くありませんが出てきたら激アツです。

エントリーポイントに関しては動画で説明していますので興味ある人は見ていってください

こんな相場取れるように動画で解説しています。

このように一気にいってしまう相場で飛び乗りが苦手な人でもしっかり根拠持ってエントリーが出来るようになります。

このパターンは必ずチェック

三尊天井や逆三尊の頭部分がダブルトップ・ダブルボトムの場合は信頼度アップ

だからこそダブルトップが起きた時はその二つの山を一つの山と捉えて三尊が形成されるかチェック

ダブルトップ・ダブルボトムまとめ

ダブルトップ・ダブルボトムだけでエントリーの根拠にしては優位性はそこまでないのでエントリーする時はもう一つ別の根拠を持つ。これが基本

ダブルトップは損切りの位置が明確なので初心者にもエントリーしやすいチャートパターンになります。

しっかり根拠がもう一つあった場合はエントリーしていきましょう!